外国につながる生徒の多文化学習活動センター

CEMLA


1 CEMLAとは…
Center for Multicultural Learning & Activities
の頭文字で、「多文化学習活動センター」の意味です。 相模原青陵高校と大学やNPO等が協働して運営している「多文化共生の学習支援拠点」です。「世界の村」の「せむら」と覚えてください。

2 CEMLAの活動
 (1) CEMLAルーム
   毎週土曜日9:30〜12:30
 ○ 情報提供(CEMLAルーム開室時)
CEMLAルームではいろいろな情報を提供しています。
日本語学習教材・多文化教育などの本、高校進学情報、多文化交流イベントなどの情報など
 ○ 教育相談(要予約)
このページの下部の「4 CEMLAに関する問い合せや予約」の連絡先にお問い合せください。

 (2) CEMLAスクール
   毎週土曜日10:00〜11:30
 ○ 学習支援教室

 (3) CEMLAセミナー
   
相模原青陵高校と相模女子大学との連携による
第10回CEMLAセミナー(8月26日実施)
 CEMLAでは、外国につながる生徒を地域で支える人たちの連携を図り、よりよい支援のあり方を考える目的でセミナーを開催しました。
第10回CEMLAセミナーの詳細はこちらから

CEMLAはオープンしています。
 
ご利用に当たっては必ずチラシをご覧下さい。

CEMLAのチラシ


3 CEMLAルームの場所
相模女子大学内にあります
小田急線相模大野駅から徒歩10分
CEMLAルームの地図


4 CEMLAに関する問い合せや予約
(1) 日本語・英語・スペイン語・中国語での問い合わせ・予約
電話 090-1102-4799 (CEMLA担当:永井、角田)
Fax 042-740-2848
電子メール 電子メールアドレス

※ 上記が不在の時 電話Tel:042-747-0531 相模原青陵高等学校